スイーツ,ときどき旅

スイーツをこよなく愛する官庁街で働くOLです。

【表参道】THE SHAKE & CHIPS TOKYOでシェイクとフィッシュ&チップス

外苑前にある人気クレープ店PÄRLAの新業態,シェイクとチップスのお店THE SHAKE & CHIPS TOKYOに行ってきました。お隣にあるクレープ屋さんPÄRLA LABOでクレープを食べた同じ日です。

 

f:id:marcy0601:20170920211152j:plain

 

看板が出ています。

 

f:id:marcy0601:20170920211219j:plain

 

突き当たりの青い光の部分がTHE SHAKE & CHIPS TOKYOです。

 

f:id:marcy0601:20170920211305j:plain

 

青い光が目印ですね。

 

今回はフィッシュ&チップスとシェイクをオーダーしました。

 

f:id:marcy0601:20170920211332j:plain

 

さくっと上がった白身魚とフライドポテト。添えられているタルタルソースは作りおきせず,その都度作っているのだとか。お連れ様はそのまま食べても美味しいと言っていました(私はマヨネーズ苦手なのでモルトビネガーをかけて食べました)。

 

f:id:marcy0601:20170920211345j:plain

 

取り皿にもお店のロゴが入っていてとってもお洒落。

 

f:id:marcy0601:20170920211320j:plain

 

シェイクはロイヤルクリームティーウィズ焼きリンゴ。

カルヴァドス入り。甘すぎなくて大人な味のシェイクです。シェイクを飲んで,厚切りチップスを食べて,またシェイクを飲んで,と甘い→しょっぱい→甘い→しょっぱいがエンドレスです。

 

なぜシェイクとチップスなのかというと,イギリス人がよくマックシェイクにフライドポテトつけて食べているのを見て,これをもっと洗練させたらいいのではないかと思ったそうですよ。同じ光景見たことがありますが,私はイギリス人って味音痴ね,としか思わなかったので,発想力の違いを見せつけられました!

 

f:id:marcy0601:20170911085858j:plain

 

黒板に描かれたシェイクのメニュー(写真は一部のみ)。

シェイクはすべてアルコール入りなのですが,アルコール抜きでもオーダーできます。私はアルコール苦手なのですが,量を減らして入れて頂きました。

焼きリンゴはPÄRLAのクレープタタンに使用するものと同じだそうです。

アルコール入りの場合は,「アルコール」と書かれたシールが貼ってあるのでお子様が一緒でも安心です。

 

シェイクとチップスが入っているボックスもとっても凝っていて,細部にまでこだわりが詰まっています。次はどのシェイクにしようかな,と今から楽しみ。

 

伺ったのは平日の18時頃だったので店内は空いていました。

まだあまり知られていない(というかほとんど宣伝していない)ので,今ならPÄRLA LABOもTHE SHAKE & CHIPSも空いていてのんびりできそうです。

 

週末,表参道にお出かけの際は,一本裏道に入って,シェイクやクレープを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 お店情報 

東京都渋谷区神宮前5-6-5パス表参道B2-1F

 

 

 

rechtsanwaltin.hatenablog.com

 

 

rechtsanwaltin.hatenablog.com